白鳥 省吾   (1890-1973)

白鳥 省吾(しろとり せいご、1890年2月27日 - 1973年8月27日)は、日本の詩人・文人。 ヒット曲『星影のワルツ』で知られる、詩人で作詞家の白鳥園枝は二女。 [人物] 省吾が著作する詩は、民衆の内面を描いた物であり、"民衆派詩人”と称されている。 ウォルト・ホイットマンの著作した詩の翻訳でも著名。 旧制宮城県立築館中学校4年生頃から詩を書くようになる。 早稲田大学に入学後、「夜の遊歩」などの詩を収めた詩集『世界の一人』を若山牧水、太田水穂、前田夕暮の仲介で自費出版し、詩人として文壇にデビューを果たす。 『世界の一人』は好評を博し、省吾は一躍名声を高める。 早稲田大学卒業後、『新少...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シロトリ セイゴ
人物別名 白鳥省吾
生年 1890年
没年 1973年
職業・経歴等 詩人
をも見よ 白鳥, 天葉(1890-1973)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2015.5
天葉詩集 : 少年少女詩集 白鳥天葉著 大空社
1996.9
十時一夫歌曲集 - 音楽之友社
1990
民衆派詩人白鳥省吾の詩とその生涯 白鳥省吾 [作] ; 築館町教育委員会, 白鳥省吾集編集委員会 編 築館町
1986.2
文人今昔 白鳥省吾 著 新樹社
1978.9
ロッキー残雪 : 白鳥省吾詩集 白鳥省吾 著 大地舎
1972
良い朝 : 詩集 白鳥省吾 著 大地舎
1971
白鳥省吾自選詩集 - 大地舎
1969
わが竪琴 : 歌謡集 白鳥省吾著 大地舎
1968.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想