城塚 登   (1927-)

城塚 登(しろつか のぼる、1927年7月20日 - 2003年4月28日)は、日本の倫理学者、社会思想史家、東京大学教養学部名誉教授。 [略歴] 東京都生まれ。 東大文学部哲学科倫理学専攻卒、同大学院中退、1957年東大教養学部専任講師、1959年助教授、1969年教授(社会思想史)、1988年定年退官、共立女子大学学長を務めた。 日本倫理学会会長など。 ドイツの哲学、社会思想を研究、ヘーゲル、マルクスからフランクフルト学派まで幅広く著述を行なった。 [著書] 社会主義思想の成立 若きマルクスの歩み 弘文堂 1955 改訂版『若きマルクスの思想 社会主義思想の成立』勁草書房、1986 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シロツカ ノボル
人物別名 城塚登
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
若きマルクスの思想 城塚登 著 勁草書房
2013.8
フォイエルバッハ 城塚登 著 勁草書房
2011.5
倫理 城塚登 [ほか] 著 実教
2004.1
資料全集高校倫理 高嶋求, 高野幸, 山岸治雄編著 令文社
[200-]
フォイエルバッハ 城塚登著 EBSCO
[20--]
倫理 城塚登 [ほか] 著 実教
1999.1
倫理 城塚登 [ほか] 著 実教
[1998]
社会思想史講義 城塚登 著 有斐閣
1998.4
ヘーゲル 城塚登 著 講談社
1997.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想