松本 洋一郎   (1949-)

松本 洋一郎(まつもと よういちろう、1949年 - )は、日本の工学者(流体工学・計算力学・分子動力学・希薄気体力学・ミクロ熱流体力学・気泡力学)。 学位は工学博士(東京大学・1977年)。 国立大学法人東京大学理事、東京大学副学長・大学院工学系研究科教授。 東京大学大学院工学系研究科研究科長、東京大学工学部学部長、東京大学総長特任補佐、内閣官房医療イノベーション推進室室長などを歴任した。 [来歴] 東京大学に進学し、工学部の機械工学科にて学んだ。 1972年3月、東京大学を卒業した。 そのまま東京大学の大学院に進学し、工学系研究科の機械工学専門課程にて学んだ。 1974年3月、東京大学に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツモト ヨウイチロウ
人物別名 松本洋一郎
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近年成長が著しい国における学術政策、大学政策、学校教育を通じた人材育成政策に関する調査研究報告書 松本洋一郎研究代表 者不明
[2015.3]
マイクロバブル最前線 松本洋一郎 編著 共立
2009.2
知識・構造化ミッション : 大学は表現する 松本洋一郎, 小宮山宏 監修 ; 藤原毅夫, 丸山茂夫, 伊東乾 編 日経BP出版センター
日経BP社
2005.8
道具としての流体力学 松本洋一郎 監修 ; 山口浩樹 著 日本実業出版社
2005.8
計算熱流体力学 笠木伸英, 松本洋一郎, 大橋弘忠 著 岩波書店
2002.12
設計の理論設計系2・計算熱流体力学空間系3 : 岩波講座 現代工学の基礎 冨山 哲男;笠木 伸英;松本 洋一郎;大橋 弘忠【著】 岩波書店
2002.12.20
界面の分子論的構造が及ぼす気液二相流動への影響の解明とそれを応用した流動制御 研究代表者 松本洋一郎 松本洋一郎
1998.3
燃焼・希薄流・混相流・電磁流体の解析 高城敏美 ほか著 東京大学出版会
1995.6
熱流体ハンドブック : 現象と支配方程式 小竹進 ほか共著 丸善
1994.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想