塩野 七生   (1937-)

塩野 七生(しおの ななみ、女性、1937年7月7日 - )は、日本の歴史作家である。 名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来。 [来歴・人物] 東京市滝野川生まれ。 父親は詩人・小学校教師の塩野筍三(1905-84)、神田神保町の古本屋から軒並み借金をするほどの読書好き。 東京都立日比谷高等学校、学習院大学文学部哲学科卒業。 日比谷高校時代は庄司薫、古井由吉らが同級生だった。 1970年代にはイタリア共産党に関する文章も書いているが、。 1963年からイタリアで学び、1968年に帰国すると執筆を開始。 『中央公論』掲載の「ルネサンスの女たち」でデビュー。 1970年には『チェーザ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シオノ ナナミ
人物別名 塩野七生

시오노, 나나미
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ギリシア人の物語 塩野七生 著 新潮社
2017.1
逆襲される文明 塩野七生 著 文芸春秋
2017.9
ローマで語る 塩野七生, アントニオ・シモーネ 著 集英社
2015.9
ギリシア人の物語 塩野七生 著 新潮社
2015.12
ローマ亡き後の地中海世界 塩野七生 著 新潮社
2014.8
ローマ亡き後の地中海世界 塩野七生 著 新潮社
2014.8
ローマ亡き後の地中海世界 塩野七生 著 新潮社
2014.9
ローマ亡き後の地中海世界 塩野七生 著 新潮社
2014.9
日本人へ 塩野七生 著 文芸春秋
2013.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想