新城 常三   (1911-1996)

新城 常三(しんじょう つねぞう、1911年4月21日 - 1996年8月6日)は、日本史学者。 1936年東京帝国大学国史学科卒。 同史料編纂所員を経て、北海道大学教授、九州大学教授、1976年定年、成城大学教授、1982年退職。 1983年『新稿社寺参詣の社会経済史的研究』で角川源義賞受賞。 没後従四位勲四等旭日小綬章。 交通史を専門とした。 [著書] 戦国時代の交通 畝傍書房 1943 ぼくらの交通 東京堂 1949 社寺と交通 熊野詣でと伊勢参り 至文堂 1960 (日本歴史新書) 社寺参詣の社会経済史的研究 塙書房 1964 鎌倉時代の交通 吉川弘文館 1967 (日本歴史叢書) ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シンジョウ ツネゾウ
人物別名 新城常三
生年 1911年
没年 1996年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鎌倉時代の交通 新城常三 著 吉川弘文館
1995.11
中世水運史の研究 新城常三 著 塙書房
1994.10
熊野信仰 宮家準 編 雄山閣
1990.7
金毘羅信仰 守屋毅 編 雄山閣
1987.7
伊勢信仰 萩原龍夫編 雄山閣
1985.9
神道大系 神道大系編纂会 編 神道大系編纂会
1984.3
国民生活史研究 伊東多三郎 編 吉川弘文館
1984.10
伊勢信仰 萩原龍夫編 雄山閣
1984.9
新稿社寺参詣の社会経済史的研究 新城常三 著 塙書房
1982.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想