篠田 桃紅   (1913-)

篠田 桃紅(しのだ とうこう、本名:篠田満洲子、1913年(大正2年)3月28日 - )は、日本の美術家。 映画監督の篠田正浩は従弟にあたる。 日本の租借地だった関東州大連に生まれる。 5歳頃から父に書の手ほどきをうける。 その後、女学校時代以外はほとんど独学で書を学ぶ。 1950年から数年、書道芸術院に所属して前衛書の作家たちと交流を持つが、1956年に渡米。 抽象表現主義絵画が全盛期のニューヨークで、作品を制作する。 文字の決まり事を離れた新しい墨の造形を試み、その作品は水墨の抽象画=墨象と呼ばれる。 アメリカ滞在中、数回の個展を開き高い評価を得るが、乾いた気候が水墨に向かないと悟り、帰国...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シノダ トウコウ
人物別名 篠田桃紅

篠田, 満洲子
生年 1913年
没年 -
職業・経歴等 画家

本の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想