篠田 雄次郎   (1928-1992)

篠田 雄次郎(しのだ ゆうじろう、1928年 - 1992年)は日本の経済学者。 上智大学教授を務めた。 日本人論の『日本人とドイツ人 猫背の文化と胸を張る文化』を発表している。 [経歴] 1928年、東京生まれ。 海軍兵学校、上智大学、ケルン大学卒業。 上智大学社会経済研究所篠田研究室を主宰(文化社会学)。 [著書] 『パートナー経営宣言』(ビジネス社、1974年) 『聖堂騎士団』(中央公論社、1976年) 『日本人とドイツ人 猫背の文化と胸を張る文化』(光文社、1977年) 『島国と日本人 名刺社会と畳の精神』(光文社、1979年) 『日本人よ祖国文化を失うな』(日本工業新聞社、198...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シノダ ユウジロウ
人物別名 篠田雄次郎
生年 1928年
没年 1992年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
テンプル騎士団 篠田雄次郎 [著] 講談社
2014.12
人を動かすためのリーダー六つの条件 篠田雄次郎 著 日本放送出版協会
1991.8
日・米を狙うヨーロッパ帝国の逆襲 : ゴルバチョフ・ECの陰謀を暴く 篠田雄次郎 著 祥伝社
1990.5
ゴルバチョフの最終戦略 篠田雄次郎 著 角川書店
1990.7
欧州共同の家 : 東西ヨーロッパの統合と新世界の誕生 1992・EC統合 篠田雄次郎 著 徳間書店
1990.3
5年後・世界地図の読み方 : 米ソ体制崩壊で紛争激化の時代へ 篠田雄次郎 著 祥伝社
1990.12
1992・EC統合そのとき日本はどうなる 篠田雄次郎 著 徳間書店
1989.3
「新」ドイツ学のすすめ : なぜ日本だけが孤立するのか 篠田雄次郎 著 徳間書店
1987.10
ドイツの知恵が日本を救う 篠田雄次郎 著 講談社
1987.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想