篠田 英雄   (1897-1989)

篠田 英雄(しのだ ひでお、1897年 ‐ 1989年12月26日)は、日本の哲学者、翻訳家。 [経歴] 千葉県生まれ。 東京帝国大学哲学科卒業。 1934年ブルーノ・タウトと相識り、38年タウトの没後、日本に関する著書、日記の原稿をエリカ・タウト夫人から託され、その整理と翻訳に当たった。 ほかカント、クラウゼヴィッツ『戦争論』など、今日も読み継がれる訳業で知られる。 『岩波西洋人名辞典』(岩波書店 1956)のいくつかの項目も執筆している。 [著書] はたらく人のために 日高書房 1946 大乗起信論講説 文一出版 1973 [翻訳] プレルーディエン 序曲 ヴィンデルバント ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シノダ ヒデオ
人物別名 篠田英雄
生年 1897年
没年 1989年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の家屋と生活 ブルーノ・タウト 著 ; 篠田英雄 訳 春秋社
2008.9
ニッポン : ヨーロッパ人の眼で観た ブルーノ・タウト 著 ; 篠田英雄 訳 春秋社
2008.9
一日一話菜根譚講話 洪自誠 著 ; 釋宗演 講話 ; 篠田英雄 編 廣池学園事業部
麗澤大学出版会
2008.10
日本雑記 ブルーノ・タウト 著 ; 篠田英雄 訳 中央公論新社
2008.11
忘れられた日本 ブルーノ・タウト 著 ; 篠田英雄 編訳 中央公論新社
2007.6
實踐理性批判 イマヌエル・カント 著 ; 波多野精一, 宮本和吉 訳 岩波書店
2006.12
建築とは何か ブルーノ・タウト 著 ; 篠田英雄 訳 鹿島出版会
2005.3(第11刷)
岩波西洋人名辞典 岩波書店編集部 編 岩波書店
1995.5
日本の家屋と生活 ブルーノ・タウト 著 ; 篠田英雄 訳 岩波書店
1995.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想