新海 覚雄   (1904-1968)

新海 覚雄(しんかい かくお、1904年 - 1968年8月10日)は、日本の画家。 東京都出身。 父は彫刻家の新海竹太郎。 平成時代に入って再評価されている。 東京国立近代美術館に「老船長」(1933年)が、板橋区立美術館に「貯蓄報国」(1943年)「龍を持つ婦人像」(1954年)他が所蔵されている。 [経歴] 1904年、東京都生まれ、川端画学校に学ぶ。 1922年、太平洋画会賞。 同会会員。 1925年、中央美術展に入選。 同年末より二科展に出品。 1928年以降、3年連続で協会展に入選。 1946年、芸術家団体一水会会員。 1948年、日本美術会入会。 1950年2月、日本美術会の機...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シンカイ カクオ
人物別名 新海覚雄
生年 1904年
没年 1968年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
お話動物園 関英雄 等編 ; 新海覚雄 絵 泰光堂
昭和29
小人コロポックル物語 槙本楠郎 著 ; 新海覚雄 絵 泰光堂
昭和25
ケーテ・コルヴィッツ 新海覚雄 著 八月書房
1950
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想