清水 徹   (1931-)

清水 徹(しみず とおる、1931年3月31日 - )は、日本のフランス文学者。 明治学院大学名誉教授。 [経歴] 東京生まれ。 1954年東京大学フランス文学科卒業、1956年同大学院修士課程修了、東京大学助手、國學院大學助教授、1965年明治学院大学文学部助教授、1970年教授。 1986年同図書館長、1997年退職。 ヌーヴォー・ロマン作家のミシェル・ビュトールの研究、翻訳を行い、1967年に「時間割」の訳でクローデル賞。 1985年に出版したマルグリット・デュラス『愛人』は、1992年に映画公開され文庫判はベストセラーになった。 著作は主に書物論、都市論を展開し、2001年出版の「書...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シミズ トオル
人物別名 清水徹
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
マラルメの〈書物〉 清水徹 著 水声社
2011.10
ヴァレリー 清水徹 著 岩波書店
2010.3
セガレン著作集 ヴィクトル・セガレン 著 ; 清水徹, 木下誠, 渡辺諒 編 水声社
2010.5
おしゃべり ルイ=ルネ・デ・フォレ 著 ; 清水徹 訳. 子供部屋 / ルイ=ルネ・デ・フォレ 著 ; 清水徹 訳 水声社
2009.10
世界文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2008.3
エウパリノス ポール・ヴァレリー 作 ; 清水徹 訳. 魂と舞踏 / ポール・ヴァレリー 作 ; 清水徹 訳. 樹についての対話 / ポール・ヴァレリー 作 ; 清水徹 訳 岩波書店
2008.6
モレルの発明 アドルフォ・ビオイ=カサーレス 著 ; 清水徹, 牛島信明 訳 水声社
2008.9
アミナダブ モーリス・ブランショ 原著 ; 清水徹 訳 書肆心水
2008.10
神経の秤・冥府の臍 アントナン・アルトー 著 ; 粟津則雄, 清水徹 他訳 現代思潮新社
2007.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想