島木 健作   (1903-1945)

1903(明治36)年9月7日、北海道札幌市生まれ。本名朝倉菊雄。幼くして父と死別し、北海中学を卒業後、上京したが関東大震災により負傷して帰郷。北海道大学図書館、農学部に勤務した後、東北大学法学部選科に入学した。東北学連に加盟し、学業を捨て、香川県の農民組合で農民運動に参加したが、1928(昭和3)年の3.15事件で検挙、起訴され、肺結核もあって転向声明をした。1932(昭和7)年仮釈放後、東京・本郷で本屋を営む兄を頼った。農民運動などプロレタリア文学、転向問題などを扱ったものが多い。代表作には、処女作である『癩』(昭和9)、『再建』(昭和10)、評判の高かった『生活の探求』(昭和12)、死後に発表され、作者自身の人生を諦観したような『赤蛙』(昭和21)のほか、島木健作全集(創元社、国書刊行会)などがある。(林田清明)Wikipedia「島木健作

「青空文庫」より

島木 健作(しまき けんさく、1903年9月7日 - 1945年8月17日)は、北海道札幌市生まれの小説家。 本名は朝倉 菊雄(あさくら きくお)。 高見順・中野重治・徳永直・林房雄らとともに、転向文学を代表する作家の1人。 [略歴] 2歳で父と死別、母に育てられる。 家計を助けるために高等小学校を中退、銀行の給仕・玄関番などをしながら苦学した。 旧制北海中学卒業後、北大図書館などの勤務を経て、1925年東北帝国大学法学部の選科に入学。 入学後間もなく東北学連に加盟、中心人物として仙台初の労働組合の結成にも携わる。 翌年大学を中退し、日本農民組合香川県連合会木田郡支部の有給書記として農民運動...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シマキ ケンサク
人物別名 島木健作

朝倉, 菊雄
生年 1903年
没年 1945年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
だから猫は猫そのものではない 吉田和明, 新田準 編 凱風社
2015.5
日韓併合期ベストエッセイ集 鄭大均 編 筑摩書房
2015.7
書物愛 紀田順一郎 編 東京創元社
2014.2
書物愛 紀田順一郎 編 東京創元社
2014.2
島木健作, ユザンヌ, 佐藤春夫 著 ; 生田耕作 訳 ポプラ社
2010.10
猫愛 吉田和明, 新田準 編 凱風社
2008.12
黒猫・赤蛙・むかで 島木健作 著 ; 名古屋盲人情報文化センター 編 名古屋盲人情報文化センター
2006.2
第一義の道 赤蛙 島木健作 著島木健作 著 講談社
2006.3
書物愛 紀田順一郎 編集解説 晶文社
2005.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想