大江 徹男   (1961-)

大江 徹男(おおえ てつお、1961年4月26日 - )は、日本の経済学者。 山形県出身。 経済学博士、明治大学農学部准教授。 専門は国内外の食料・農畜産物の流通問題。 [経歴] 京都大学経済学部卒業、同大学院経済研究科修士課程修了。 同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。 国際協力機構(旧国際協力事業団)、株式会社農林中金総合研究所を経て、2005年より現職。 2003年 京都大学 経済学博士 論文の題は「アメリカ食肉産業と新世代農協」。 [著書] 『アメリカの食肉産業と新生代農協』)日本経済評論社、2002年。 [共著] 『燃料か食料か バイオエタノールの真実』(坂内久との共著)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオエ テツオ
人物別名 大江徹男
生年 1961年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
食料環境政策学を学ぶ 明治大学農学部食料環境政策学科 編 日本経済評論社
2011.7
変容する途上国のトウモロコシ需給 : 市場の統合と分離 清水達也 編 アジア経済研究所
2011.10
燃料か食料か : バイオエタノールの真実 坂内久, 大江徹男 編 日本経済評論社
2008.7
アメリカ食肉産業と新世代農協 大江徹男 著 日本経済評論社
2002.6
アグリビジネス論 中野一新 編 有斐閣
1998.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想