津田 倫男   (1957-)

津田 倫男(つだ みちお、1957年(昭和32年) - )は、日本の企業アドバイザー。 株式会社フレイムワーク・マネジメント代表。 [人物] 1957年(昭和32年)、島根県松江市生まれ。 内外の金融機関を経て、2001年(平成13年)に独立系の企業アドバイザリー会社を創業。 「起業家精神」、「異文化理解」の重要性を説く。 著書『老後に本当はいくら必要か』は2010年(平成22年)の新書ベストセラーの一つになった。 週刊東洋経済で書評も行い、マスコミにも登場するようになった。 [経歴] 島根県立松江北高等学校在学中にAFS国際奨学生として、米国に留学。 一橋大学商学部を1980年(昭和55...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツダ ミチオ
人物別名 津田倫男
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
銀行のことよくわからないまま社会人になった人へ 津田倫男著 海竜社
2020.12
銀行トリプル大崩壊 : 地銀・信金・信組が消滅する日 津田倫男著 徳間書店
2020.12
誰も書けなかった「銀行消滅」の地図帳 津田倫男著 宝島社
2018.5
地銀・信金ダブル消滅 津田倫男著 朝日新聞
2018.6
三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本 津田倫男 監修 Kadokawa
2017.5
2025年の銀行員 津田倫男 著 光文社
2017.11
地方銀行消滅 津田倫男 著 朝日新聞
2016.9
銀行員の分岐点 津田倫男 著 宝島社
2014.3
定年後の起業術 津田倫男 著 筑摩書房
2014.2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想