青山 治城   (1951-)

青山 治城(あおやま はるき、1951年 - )は、日本の法学者。 麗澤大学、放送大学等の非常勤講師を経て、神田外語大学国際コミュニケーション学科教授。 専門は法哲学、社会哲学。 [人物] 法学(社会学)方法論への関心から、研究テーマとしては社会システム理論、フェミニズムの観点から近代リベラリズムを批判することに主眼を置く。 趣味はヨット、オートバイのツーリングである。 [学歴] 1951年 - 生まれ 1981年 - 筑波大学大学院社会科学研究科修了。 筑波大学(法学博士)。 論文の題は「現代における法哲学の可能性 : 法哲学に残された問題領域についての一考察 」。 [著作] 『なぜ人...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アオヤマ ハルキ
人物別名 青山治城
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経済学と倫理学 アマルティア・セン 著 ; 徳永澄憲, 松本保美, 青山治城 訳 筑摩書房
2016.12
なぜ人を殺してはいけないのか : 法哲学的思考への誘い 青山治城 著 法律文化社
2013.4
ルーマン・システム理論何が問題なのか ギュンター・シュルテ 著 ; 青山治城 訳 新泉社
2007.3
経済学の再生 アマルティア・セン 著 ; 徳永澄憲, 松本保美, 青山治城 訳 廣池学園事業部
麗澤大学出版会
2002.5
システムと共同性 佐藤康邦 [ほか]編 昭和堂
1994.11
法哲学的思考 桂木隆夫, 森村進 編 平凡社
1989.4
自然法 : 反省と展望 水波朗 ほか編 自然法研究会
1987.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想