重森 弘淹   (1926-1992)

重森 弘淹(しげもり こうえん、1926年7月27日 - 1992年10月13日)は写真評論家。 作庭家重森三玲の二男として京都市に生まれる。 名前はドイツの哲学者ヘルマン・コーエンに由来。 同志社大学文学部卒業後、1949年「いけばな芸術」の編集長となり、勅使河原宏らとともに、流派を超えた新しいいけばなの方向を模索し始めた。 一方、岡本太郎や花田清輝らの結成した「夜の会」、安部公房らによる「記録芸術の会」などに参加し、総合的な芸術への視野に立った活動を始めた。 1955年頃から、カメラ雑誌を中心に写真の評論活動を開始し、当時隆盛をきわめていた「リアリズム写真運動」を批判的に継承しつつ、東松照...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シゲモリ コウエン
人物別名 重森弘淹
生年 1926年
没年 1992年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
名作で辿る世界の写真史 重森弘淹 編著 毎日新聞社
1993.4
日本写真全集 小沢健志 ほか編 小学館
1988.3
日本写真全集 小沢健志 ほか編 小学館
1987.3
日本写真全集 小沢健志 ほか編 小学館
1987.5
日本写真全集 小沢健志 ほか編 小学館
1987.7
日本写真全集 小沢健志 ほか編 小学館
1986.5
現代のいけばな 重森弘淹著 八坂書房
1980
記録写真集・アメリカ 重森弘淹 編著 ティビーエス・ブリタニカ
1976
現代いけばな作家対話集 重森弘淹 著 日貿出版社
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
写真 重森 弘淹
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想