重松 一義   (1931-)

重松 一義(しげまつ かずよし、1931年 - )は、日本の法制史研究者、犯罪学者。 愛媛県松山市生まれ。 中央大学法学部卒業。 法務省矯正研修所教官(行刑史・少年保護史)、中央学院大学法学部教授(刑事政策・日本法制史・法学)、同比較文化研究所長、2002年定年退任。 犯罪と非行に関する全国協議会常任理事・福岡県警察史編纂顧問・網走監獄保存財団顧問・東京家庭裁判所調停委員。 [著書] 北海道行刑史 図譜出版、1970. 日本刑罰史年表 雄山閣出版、1972. 明治内乱鎮撫記 岩村通俊の生涯と断獄史上の諸群像 プレス東京、1973. 刑事政策の理論と実際 雄山閣出版、1974. 絵島高...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シゲマツ カズヨシ
人物別名 重松一義
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本流人島史 : その多様性と刑罰の時代的特性 重松一義 著 不二
2011.11
日本刑罰史年表 重松一義 著 柏書房
2007.7
図説世界監獄史事典 重松一義 著 柏書房
2005.9
日本獄制史の研究 重松一義 著 吉川弘文館
2005.11
大江戸暗黒街 : 八百八町の犯罪と刑罰 重松一義 著 柏書房
2005.11
史料北海道監獄の歴史 重松一義 著 網走監獄保存財団
2004.11
少年法の思想と発展 : 法改正をめぐる歴史的アプローチ 重松一義 著 信山社
2002.6
図説刑罰具の歴史 : 世界の刑具・拷問具・拘束具 重松一義 著 明石書店
2001.1
江戸の犯罪白書 : 百万都市の罪と罰 重松一義 著 PHP研究所
2001.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
少年懲戒教育史 重松 一義
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想