重松 泰雄   (1923-)

重松 泰雄(しげまつ やすお、1923年 - )は、文学者。 研究分野は日本近代文学。 九州大学名誉教授。 愛媛県生まれ。 九州大学大学院国文学専攻博士課程中退。 1968年「西洋文学・西洋思想受容の問題を端緒とせる明治文学の研究」で文学博士。 九大助教授、教授、85年定年退官、名誉教授、福岡大学教授。 93年定年退任。 [著書] 明治の文学 桜楓社 1968 (現代の教養) 漱石 その歴程 おうふう 1994.3 漱石 その新たなる地平 おうふう 1997.5 漱石 その解纜 おうふう 2001.9 鴎外残照 おうふう 2001.9 [共編著] 森鴎外 学生版 東出版 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シゲマツ ヤスオ
人物別名 重松泰雄
生年 1923年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
定本漱石全集 夏目金之助 著 岩波書店
2017.8
漱石 : その解纜 重松泰雄 著 おうふう
2001.9
鴎外残照 重松泰雄 著 おうふう
2001.9
漱石 : その新たなる地平 重松泰雄 著 おうふう
1997.5
漱石 : その歴程 重松泰雄 著 おうふう
1994.3
明治・大正・昭和作家研究大事典 作家研究大事典編纂会 編 桜楓社
1992.9
森鴎外 重松泰雄 編著 桜楓社
1991.6
原景と写像 : 近代日本文学論攷 重松泰雄 編 原景と写像刊行会
1986.1
森鴎外 「一冊の講座」編集部編 有精堂
1984.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想