志賀 重昂   (1863-1927)

志賀重昂(しが しげたか、文久3年11月15日(1863年12月25日) - 昭和2年(1927年)4月6日)は、日本の地理学者、評論家、教育者、衆議院議員。 誕生日は9月15日(1863年10月27日)ともいう。 矧川(しんせん)・矧川漁長を号した。 『矧川』は矢作川である。 [生涯] 岡崎藩の藩校の儒者志賀重職の長男として、三河国岡崎康生町(現・岡崎市康生町)に生まれた。 1868年(明治元年)に重職が没した後は、母淑子(しく)の実家、松下家で育った。 1874年(11歳)、攻玉社で英学・数学・漢学を修めて1878年(明治11年)退学。 しばらく江木高遠に学んだのち、同年(16歳)、大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シガ シゲタカ
人物別名 志賀重昂
生年 1863年
没年 1927年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本風景論 志賀重昂 著 講談社
2014.2
日本の地理学文献選集 岡田俊裕 編・解説 クレス
2007.5
志賀重昴 岡田俊裕編・解説 クレス
2007.5
日本風景論 志賀重昂 著 一穂社
紀伊国屋書店
2004.12
志賀重昂『日本風景論』精読 大室幹雄 著 岩波書店
2003.1
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2003.3
経済・社会一班篇6 : 明治後期産業発達史資料 結城郡物産共進会協賛会 [著] 竜渓書舎
2003.3
波斯より土耳古まで 縫田栄四郎 ほか著 ゆまに書房
2002.9
府県産業篇 : 明治後期産業発達史資料 結城郡物産共進会協賛会 [著] 竜渓書舎
2002.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想