柴生田 稔   (1904-1991)

柴生田 稔(しぼうた みのる、1904年6月26日 - 1991年8月20日)は、日本の歌人、国文学者。 明治大学名誉教授。 [来歴・人物] 三重県河芸郡玉垣村(現・鈴鹿市)生まれ。 府立一中、一高、東京帝国大学文学部国文科卒。 1927年、『アララギ』に入会、斎藤茂吉に師事する。 明治大学教授・文学部長を経て、駒澤大学教授。 専攻は万葉集などの上代文学。 1966年、歌集『入野』で読売文学賞(詩歌部門)受賞。 1982年、『斎藤茂吉伝』で読売文学賞(研究・翻訳部門)受賞。 専門の文学教育を受けていない茂吉にとって、柴生田は高弟であると同時に万葉集を始めとする「古典和歌」研究著述の支え手でも...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シボウタ ミノル
人物別名 柴生田稔
生年 1904年
没年 1991年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
短歌と共に 柴生田稔 著 笠間書院
2004.12
月雪花の伝統 : 古典和歌の論 柴生田稔 著 笠間書院
2002.4
完本柴生田稔全歌集 柴生田稔 著 角川書店
1999.8
斎藤茂吉を知る 柴生田稔 著 笠間書院
1998.12
春山 : 歌集 柴生田稔 著 短歌新聞社
1996.7
アララギの山脈 : 近代歌人論 柴生田稔 著 笠間書院
1995.10
柴生田稔全歌集 柴生田稔著 短歌研究社
1993.2
柴生田稔歌集 清水房雄 編 短歌研究社
1992.3
思い出す人々 : わが点鬼簿より 柴生田稔 著 短歌新聞社
1992.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想