花沢 成一   (1930-)

花沢 成一(はなざわ せいいち、1930年1月 - 2006年10月3日)は臨床心理学者。 臨床心理士・学校心理士・家族心理士。 文学博士(日本大学)。 専門は臨床心理学、親性(父性・母性)の発達、妊産婦の心理療法、催眠療法、自律訓練法、少年非行の研究、母性発達に関する研究、スケート選手に対するメンタルトレーニングに関する研究。 [経歴] 1950年 日本大学文学部心理学科入学 1956年 日本大学文学部心理学科卒業 1957年 日本大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程入学 1959年 日本大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了(文学修士) 1960年 日本大学文理学部助手 1962年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハナザワ セイイチ
人物別名 花沢成一
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スポーツカウンセリングガイドブック 花沢成一編 花沢成一
[200-]
心理検査の理論と実際 花沢成一, 佐藤誠, 大村政男 著 駿河台出版社
1998.4
児童虐待 : 家族臨床の現場から 日本家族心理学会 編 金子書房
1997.5
母性心理学 花沢成一 著 医学書院
1992.4
マタニティ・ブルー 郷久鉞二 編 同朋舎
1989.2
心理検査の理論と実際 大村政男 [ほか]著 駿河台出版社
1985.7
パッケージ・性格の心理 鈴木乙史 ほか編 ブレーン
1985.12
知能の開発と知能検査 長谷川貢, 大村政男, 花沢成一 共著 田研
1969
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想