綿矢 りさ   (1984-)

綿矢 りさ(わたや りさ、本名:山田 梨沙〈やまだ りさ〉、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。 京都市立紫野高校在学中「インストール」で文藝賞を当時最年少の17歳で受賞しデビュー。 大学在学中の2004年、「蹴りたい背中」により19歳で芥川賞受賞(金原ひとみと同時受賞)、同賞の最年少受賞記録を大幅に更新し話題となる。 2006年に長編第3作『夢を与える』を発表。 早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後は専業作家として活動している。 2012年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を最年少で受賞する。 筆名の「綿矢」は、姓名判断を参考に中学時代の同級生の姓「綿谷」から拝借したもの。 [経...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタヤ リサ
人物別名 綿矢りさ
生年 1984年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
私をくいとめて 綿矢りさ著 朝日新聞
2020.2
意識のリボン 綿矢りさ著 集英社
2020.2
手のひらの京 綿矢りさ著 新潮社
2019.4
生のみ生のままで 綿矢りさ著 集英社
2019.6
私をくいとめて 綿矢りさ 著 朝日新聞
2017.1
ウォーク・イン・クローゼット 綿矢りさ [著] 講談社
2017.10
意識のリボン 綿矢りさ 著 集英社
2017.12
大地のゲーム 綿矢りさ 著 新潮社
2016.1
手のひらの京(みやこ) 綿矢りさ 著 新潮社
2016.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想