関 直彦   (1857-1934)

関 直彦(せき なおひこ、1857年9月4日(安政4年7月16日) - 1934年(昭和9年)4月21日)は、日本のジャーナリスト、政治家、弁護士。 東京日日新聞社長、衆議院議員、貴族院議員。 [経歴] 江戸で生まれる。 1883年、東京大学法学部法律科を卒業後、東京日日新聞入社。 東京専門学校・英吉利法律学校の各講師、東京日日新聞記者、日報社社長などを務め、後に弁護士となり東京弁護士会長も務めた。 さらに、東京日日新聞・大阪日日新聞・帝国石油の各社長などを歴任。 政界にも進出し、麹町区会議員、東京市会議員、同参事会員、東京府会議員を歴任。 1890年7月、第1回衆議院議員総選挙に和歌山県第...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セキ ナオヒコ
人物別名 関直彦

關, 直彦
生年 1857年
没年 1934年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本立法資料全集 關直彦講義 信山社
2006.1
日本立法資料全集 關直彦講義 信山社
2006.1
日本立法資料全集 關直彦解釋 信山社
2006.1
日本立法資料全集 ブルーム著 ; 關直彦譯述 信山社
2005.12
七十七年の回顧 : 伝記・関直彦 関直彦 著 大空社
1993.6
春鶯囀 ジスレイリ 著 ; 関直彦 訳 雄松堂書店
1982.1
綱紀粛正と教育問題に関する関直彦先生の質問演説及政府の答弁 - 研文社出版部
昭和9
七十七年の回顧 関直彦 著 三省堂
昭和8
七十七年の回顧 関直彦 著 三省堂
昭和8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想