関 集三   (1915-2013)

関 集三(せき しゅうぞう、1915年5月21日 - 2013年12月24日)は、日本の物理化学学者。 元大阪大学教授。 元関西学院大学教授。 日本学士院会員第4分科(理学) 。 1915年兵庫県西宮市生まれ。 父は実業家の関桂三。 1938年大阪大学理学部化学科卒業。 理学博士。 物質状態の理解に広く適用されている熱力学に物質構造の観点を加え、固体および液体状態の研究の発展に大きな貢献をした。 また、「ガラス状態の熱力学的研究」は精密な熱測定による実験に基づき、物質内の分子の集合状態の研究を行った。 [受賞] 日本化学会賞 (昭和48年) 日本学士院賞 (昭和51年) 藤原科学賞 (昭和5...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セキ シュウゾウ
人物別名 関集三
生年 1915年
没年 2013年
職業・経歴等 化学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
水の構造と物性 W・J・カウズマン, D・アイゼンバーグ [著] ; 関集三, 松尾隆祐訳 みすず書房
2019.4
関集三先生インタビュー 関集三 [述] 日本化学会化学遺産委員会
2008
分子集合の世界 関集三 [述] ブレーンセンター
1996.1
分子集合の世界 : 熱と温度の測定を通して視る 関集三講話 ; 大阪府「なにわ塾」編 大阪府
1995.3
コロイド科学の基礎 D.H.Everett 著 ; 橘高茂治 [ほか]共訳 化学同人
1992.5
クールソン化学結合論 R.マックィーニ 著 ; 関集三 [ほか]訳 岩波書店
1983.4
クールソン化学結合論 R.マックィーニ 著 ; 関集三 [ほか]訳 岩波書店
1983.6
液体化学入門 マーカス 著 ; 関集三 監訳 化学同人
1982.9
関集三先生最終講義 : 状態の変化 : その化学熱学的研究 関教授退官記念事業会編 関教授退官記念事業会
1979
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想