関 寛治   (1927-1997)

関 寛治(せき ひろはる、1927年3月31日 - 1997年12月15日)は、東京大学名誉教授、立命館大学名誉教授。 専門は、平和学、国際政治学。 [来歴・人物] 東京府生まれ。 静岡中学、旧制静岡高校、1953年に東京大学法学部卒業。 東京大学東洋文化研究所助手、國學院大學助教授、東京大学東洋文化研究所教授、立命館大学国際関係学部教授を歴任。 日本平和学会初代会長(1973年 - 1975年)。 広島大学平和科学研究センター所長(1975年-1979年)。 [著書] 『現代東アジア国際環境の誕生』(福村出版, 1966年) 『危機の認識』(福村出版, 1969年) 『国際体系論の基礎』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セキ ヒロハル
人物別名 関寛治
生年 1927年
没年 1997年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代の国際政治経済学 : 学際知の実験 関下稔, 石黒馨, 関寛治 編 法律文化社
1998.4
グローバル・シミュレーション&ゲーミング : 複雑系地球政治学へ 関寛治 著 光栄
科学技術融合振興財団
1997.8
平和学のすすめ : その歴史・現状及び課題 斎藤哲夫 ほか編 法律文化社
1995.1
地球化時代の日米関係 関寛治 ほか編著 日本評論社
1992.4
アジア太平洋新時代と日本 : 地球化と地域化の政治経済学 関寛治, 西口清勝 編 法律文化社
1992.6
南北朝鮮統一論 関寛治, 姜昌周 編 ; 大阪経済法科大学アジア研究所 著 日本評論社
1991.9
現代社会 宇沢弘文ほか著 東京書籍
1991.2
平和学研究 : その歴史と現状 生協講座 関寛治 著 東京大学消費生活協同組合
1988.8
太平洋戦争への道 : 開戦外交史 日本国際政治学会太平洋戦争原因研究部 編著 朝日新聞社
1987.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想