瀬川 清子   (1895-1984)

瀬川 清子(せがわ きよこ、1895年(明治28年)10月20日 - 1984年(昭和59年)2月20日)は日本の民俗学者。 元大妻女子大学教授。 秋田県出身。 [来歴] 明治二十八年(1895年)に秋田県鹿角郡毛馬内町(現鹿角市)で岩船源太郎、スケ夫妻の長女として誕生する。 本名はキヨ。 母は、産後の肥立ちが悪く、キヨが一歳になる前に亡くなった。 その後は、同居している叔母や祖父がキヨの教育を行い、明治四十二年(1909年)、十四歳の時に毛馬内尋常高等小学校を卒業。 年に一度あった教員の資格試験を受験し、翌年から毛馬内尋常高等小学校準訓導となっている。 大正十一年(1922年)、二十七歳に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セガワ キヨコ
人物別名 瀬川清子
生年 1895年
没年 1984年
職業・経歴等 民俗学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民衆史の遺産 谷川健一, 大和岩雄 責任編集 大和書房
2015.12
採集手帖 (沿海地方用) 瀬川清子 [著] ; 岡田照子 監修 岩田書院
2014.2
海女 瀬川清子 著 未来社
2014.5
学問の世界碩学に聞く 共同研究「大正時代」 小松左京 著小松左京 著 城西国際大学出版会
2010.11
婚姻覚書 瀬川清子 著 講談社
2006.1
食生活の歴史 瀬川清子 著 講談社
2001.10
アイヌの婚姻 瀬川清子 著 未来社
1998.5
柳田國男の本棚 - 大空社
1998.6
日本民俗学のエッセンス : 日本民俗学の成立と展開 瀬川清子, 植松明石 編 ぺりかん社
1994.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想