佐藤 昌介   (1918-1997)

佐藤 昌介(さとう しょうすけ、1918年1月24日 - 1997年5月16日)は、近世史学者、洋学史専攻。 北海道生まれ。 1943年東京帝国大学国史学科卒、戦後、東北大学教養部教授、81年定年退官、名誉教授。 1962年「洋学史における主要問題 洋学と封建権力との関係をめぐって」で東北大学文学博士。 91年秋、勲二等旭日中綬章受勲。 従来、蘭学者の弾圧とされてきた蛮社の獄を、鳥居耀蔵と江川英龍の対立によるものと位置づけ直した。 [著書] 『洋学史研究序説 洋学と封建権力』岩波書店 1964 『洋学史の研究』中央公論社 1980 『渡辺崋山』吉川弘文館(人物叢書) 1986 『洋学史論考』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サトウ ショウスケ
人物別名 佐藤昌介
生年 1918年
没年 1997年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
高野長英 佐藤昌介 著 岩波書店
1997.6
洋学史論考 佐藤昌介 著 思文閣
1993.5
渡辺崋山 佐藤昌介 著 吉川弘文館
1986.2
海外視点・日本の歴史 大石 慎三郎【編】 ぎょうせい
1986.11
日本の名著 佐藤昌介責任編集 中央公論社
1984.4
国民生活史研究 伊東多三郎 編 吉川弘文館
1984.11
洋学史の研究 佐藤昌介 著 中央公論社
1980.11
崋山・長英論集 渡辺崋山, 高野長英 著 ; 佐藤昌介 校注 岩波書店
1978.8
日本近世史の地方的展開 豊田武教授還暦記念会 編 吉川弘文館
1973
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想