菅原 潤   (1963-)

菅原 潤(すがわら じゅん、1963年 - )は、日本の哲学研究者、長崎大学教授。 近現代ドイツ思想、環境哲学専攻。 [来歴] 宮城県仙台市生まれ。 1987年東北大学文学部卒、1996年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。 1998年「シェリングにおける神話と自由の弁証法」で文学博士(東北大学)。 1997-2000年東北大助手、2003年佐賀大学助教授、2006年長崎大学環境科学部助教授、2007年准教授、2008年教授。 [著書] 『シェリング哲学の逆説 神話と自由の間で』北樹出版 2001 『環境倫理学入門 風景論からのアプローチ』昭和堂 2007 『昭和思想史とシェリング 哲...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スガワラ ジュン
人物別名 菅原潤
生年 1963年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
3・11以後の環境倫理 : 風景論から世代間倫理へ 菅原潤著 昭和堂
2019.4
上山春平と新京都学派の哲学 菅原潤著 晃洋書房
2019.9
京都学派 菅原潤 著 講談社
2018.2
旅する木下杢太郎/太田正雄 菅原潤 著 晃洋書房
2016.4
3・11以後の環境倫理 菅原潤 著 昭和堂
2016.10
根源悪の系譜 : カントからアーレントまで リチャード・J.バーンスタイン 著 ; 阿部ふく子, 後藤正英, 齋藤直樹, 菅原潤, 田口茂 訳 法政大学出版局
2013.1
弁証法とイロニー : 戦前の日本哲学 菅原潤 著 講談社
2013.5
自然美学 マルティン・ゼール [著] ; 加藤泰史, 平山敬二 監訳 ; 阿部美由起, 小川真人, 菅原潤, 高畑祐人, 長澤麻子, 宮島光志 訳 法政大学出版局
2013.12
「近代の超克」再考 菅原潤 著 晃洋書房
2011.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想