佐藤 愛子   (1923-)

佐藤 愛子(さとう あいこ、1923年11月5日 - 、現在5歳)は、大阪市出身の小説家。 小説家の佐藤紅緑、女優の三笠万里子の次女として生まれる。 異母兄に詩人のサトウハチロー、脚本家で劇作家の大垣肇。 甲南高等女学校(現・甲南女子高等学校)卒業。 [経歴] 1923年 - 11月5日(戸籍上は11月25日)父佐藤洽六(紅緑)母しなの次女として大阪市住吉区帝塚山に生まれる。 当時父は50才。 母は30才。 母は元女優の三笠万里子。 しなが25才の時、父は妻を棄て母の元に走った。 1925年 - 兵庫県鳴尾村(現西宮市)に移転。 1931年 - 小学校時代、大衆小説の大家である父へ送られてく...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サトウ アイコ
人物別名 佐藤愛子
生年 1923年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人生は美しいことだけ憶えていればいい 佐藤愛子著 PHP研究所
2019.4
こんな生き方もある 佐藤愛子 [著] Kadokawa
2018.1
男の背中、女のお尻 佐藤愛子, 田辺聖子著 中央公論新社
2018.4
それでもこの世は悪くなかった 佐藤愛子 著 文芸春秋
2017.1
上機嫌の本 佐藤愛子 著 PHP研究所
2017.3
犬たちへの詫び状 佐藤愛子 著 PHP研究所
2017.4
冥途のお客 佐藤愛子 著 埼玉福祉会
2017.6
破れかぶれの幸福 佐藤愛子 著 青志社
2017.7
晩鐘 佐藤愛子 著 文芸春秋
2017.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想