佐々木 潤之介   (1929-2004)

佐々木 潤之介(ささき じゅんのすけ、1929年7月16日 - 2004年1月23日)は、日本近世史学者、一橋大学名誉教授。 文学博士(東京大学、1960年)。 一橋大学教授、早稲田大学教授、歴史学研究会編集長等を歴任。 [人物] 秋田県生まれ。 秋田県立大館中学校(現秋田県立大館鳳鳴高等学校)、東京高等学校を経て、1953年東京大学文学部国史学科卒業、1960年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。 1960年法政大学第二高等学校教諭、1961年一橋大学社会学部講師、1965年同助教授、1971年同教授、1975年一橋大学社会学部長を経て、1993年一橋大学を定年退官し、一橋大学名誉教...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササキ ジュンノスケ
人物別名 佐々木潤之介
生年 1929年
没年 2004年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民衆史を学ぶということ 佐々木潤之介 著 吉川弘文館
2006.4
江戸時代論 佐々木潤之介 著 吉川弘文館
2005.9
大名と百姓 佐々木潤之介 著 中央公論新社
2005.10
幕末政治家 福地桜痴 著 ; 佐々木潤之介 校注 岩波書店
2003.11
家族史の方法 佐々木潤之介 編 吉川弘文館
2002.5
家族史の展望 大日方純夫 編 吉川弘文館
2002.6
家族と国家 佐々木潤之介 編 吉川弘文館
2002.7
家族と社会 坂田聡 編 吉川弘文館
2002.8
概論日本歴史 佐々木潤之介 ほか編 吉川弘文館
2000.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想