佐々木 孝次   (1938-)

佐々木 孝次(ささき たかつぐ、1938年10月28日 - )は、日本の精神分析学者、専修大学元教授。 東京都生まれ。 1961年早稲田大学仏文科卒、1963年同大学院修士課程修了、パリ大学へ留学し、フロイト、ジャック・ラカンの精神分析と出会い、自分自身を分析し、精神分析を専門とする。 コーズ・フロイディエンヌ(ラカン派)正会員。 帰国してからは、1970年に杉野女子大学助教授、1993年まで信州大学教養部教授、1993年から2009年まで専修大学文学部教授。 日本における父親権力の弱さを指摘し、河合隼雄の立場に近かったが、「愛させる技術」日本語における「蠱物(まじもの)」としての言葉などを提...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササキ タカツグ
人物別名 佐々木孝次
生年 1938年
没年 -
職業・経歴等 心理学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
天皇と供犠 : 応用精神分析の試み 佐々木孝次著 せりか書房
2021.6
ラカン「リチュラテール」論 佐々木孝次 著 せりか書房
2017.9
ラカン「レトゥルディ」読解 佐々木孝次 著 せりか書房
2015.10
ラカン『アンコール』解説 佐々木孝次, 林行秀, 荒谷大輔, 小長野航太 著 せりか書房
2013.7
「気」の精神分析 佐々木孝次 著 せりか書房
2011.2
文字と見かけの国 : バルトとラカンの「日本」 佐々木孝次 著 太陽
2007.12
無意識の形成物 ジャック・ラカン 著 ; ジャック=アラン・ミレール 編 ; 佐々木孝次, 原和之, 川崎惣一 訳 岩波書店
2006.3
無意識の形成物 ジャック・ラカン 著 ; ジャック=アラン・ミレール 編 ; 佐々木孝次, 原和之, 川崎惣一 訳 岩波書店
2005.5
フロイト&ラカン事典 P.コフマン 編 ; 佐々木孝次 監訳 弘文堂
1997.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想