佐々木 吉郎   (1897-1970)

佐々木 吉郎(ささき きちろう、1897年3月25日 - 1970年5月28日)は、昭和期の経営学者。 明治大学教授、総長。 明治大学経営学部創設者。 札幌大学初代学長。 [来歴・人物] 広島県双三郡川地村(現三次市)出身。 旧制三次中学(現三次高校)を経て1924年明治大学商学部卒業。 同大学商学部特選研究生。 1927年から3年間、ベルリン大学留学(経営経済学専攻)。 1933年同大学商学部教授。 恩師・小林丑三郎の勧めで経営経済学という新分野を開き「佐々木経営学」を講じた。 1946年商学部長兼商科専門部長、同大学理事。 1950年商学博士の学位を受く。 1953年、「経営学」を商学部...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササキ キチロウ
人物別名 佐々木吉郎
生年 1897年
没年 1970年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経営管理の問題 佐々木吉郎述 者不明
[1969?]
新経営 佐々木吉郎 [ほか] 著 実教
1968
新経営 佐々木吉郎 [ほか] 著 実教
1968.4
佐々木吉郎博士古稀記念論文集 明治大学経営学研究所編 明治大学経営学研究所
1968.3
経営学入門 佐々木吉郎著 全国地方銀行協会
[1968]
現代の経営と経営者 佐々木吉郎著 全国地方銀行協会
[1968]
新経営 佐々木吉郎 [ほか] 著 実教
1965
新経営 佐々木吉郎 [ほか] 著 実教
1964.5
経営経済学総論 佐々木吉郎 著 中央書房
1963
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想