山田 昌久   (1953-)

山田 昌久(やまだ まさひさ、1953年 - )は、神奈川県横須賀市出身及び在住の考古学者。 明治大学文学部卒。 明治大学大学院文学研究科博士前期課程修了。 筑波大学助手、京都大学・東京学芸大学・静岡大学・明治大学講師を経て東京都立大学助教授となる。 現在は東京都の大学再編により、首都大学東京都市教養学部歴史学・考古学研究室准教授となっている。 [研究テーマ] 木質・植物質資料を中心とした考古学・生活技術史など [所属学会など] 日本考古学会 植生史研究会 出土木器研究会 日本の考古学者 首都大学東京の教員 明治大学出身の人物 神奈川県出身の人物 1953年生 存命人物

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ マサヒサ
人物別名 山田昌久
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 考古学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人類誌集報 : 遺跡誌情報・民俗誌情報・実験誌情報による人類誌 山田昌久編集 首都大学東京人類誌調査グループ
2015.4
木の考古学 = Archaeological Wood in Japan : 出土木製品用材データベース 伊東隆夫, 山田昌久 編 海青社
2012.10
人類誌集報 : 遺跡資料の人類誌・実験考古学による人類誌 岡本康則 [ほか]編集 首都大学東京人類誌調査グループ
2011.3
歴史のなかの移動とネットワーク メトロポリタン史学会 編 桜井書店
2007.12
考古資料大観 山田昌久 責任編集 小学館
2003.8
縄文のムラの研究 : ぬりかえられる縄文人のイメージ 山田昌久 監修 ポプラ社
2000.4
環境と人類 : 自然の中に歴史を読む 小野昭 ほか著 朝倉書店
2000.5
人類誌集報 : 漆利用の人類誌・飛騨山峡の人類誌 山田昌久, 岡澤祥子編集 漆利用の人類誌調査・飛騨山峡の人類誌調査グループ
1997-
日本列島における木質遺物出土遺跡文献集成 : 用材から見た人間・植物関係史 山田昌久[著] 植生史研究会
1993.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想