佐木 隆三   (1937-2015)

佐木 隆三(さき りゅうぞう、(本名:小先 良三)、1937年4月14日 - )は、日本の小説家、ノンフィクション作家で、北九州市立文学館名誉館長、九州国際大学客員教授。 近年は法廷のルポルタージュで広く知られる。 旧朝鮮咸鏡北道吉州郡生まれ。 [来歴] 両親とも広島県出身で父は農家の出。 一旗あげようと田畑を売り払って朝鮮に渡り、佐木も朝鮮で生まれた。 1941年、銀山の所長をしていた父が呉の海軍に召集されたため、一家で日本に引揚げた。 父の郷里で広島市から北へ40km、中国山地の山あいの寒村である広島県高田郡小田村(現・安芸高田市甲田町)で育つ。 1945年、終戦間際の7月に父がフィリピ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サキ リュウゾウ
人物別名 佐木隆三

小先, 良三
生年 1937年
没年 2015年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
身分帳 佐木隆三 [著] 講談社
2020.7
沖縄と私と娼婦 佐木隆三著 筑摩書房
2019.5
死刑囚永山則夫 佐木隆三 著 小学館
2018.1
わたしが出会った殺人者たち 佐木隆三 著 新潮社
2014.9
わたしが出会った殺人者たち 佐木隆三 著 新潮社
2012.2
昭和二十年八さいの日記 佐木隆三 文 ; 黒田征太郎 絵 石風社
2011.7
越山田中角栄 佐木隆三 著 七つ森書館
2011.9
法廷に吹く風 佐木隆三 著 弦書房
2009.2
復讐するは我にあり 佐木隆三 著 文芸春秋
2009.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想