坂崎 乙郎   (1928-1985)

坂崎 乙郎(さかざき おつろう、1928年1月1日 - 1985年12月21日)は東京都生まれの西洋美術史研究家、美術評論家。 早稲田大学教授。 父は美術史家坂崎坦。 『夜の画家たち』などの著作でドイツ表現派や幻想派の画家を紹介、評論活動、執筆活動をおこなう。 無名の芸術家の紹介にも力をそそいだ。 [略歴] 1954年 早稲田大学院美術史科卒業、西洋美術史専攻。 1955年 - 1957年 西ドイツのザールブリュッケンに留学。 1976年 パリ留学。 1979年 早稲田大学教授。 [著書] 夜の画家たち 表現主義から抽象へ 雪華社 1960 マチス、ルオーと表現主義 近代世界美術全集 第6...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカザキ オツロウ
人物別名 坂崎乙郎
生年 1928年
没年 1985年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
造形思考 パウル・クレー 著 ; 土方定一, 菊盛英夫, 坂崎乙郎 訳 筑摩書房
2016.5
造形思考 パウル・クレー 著 ; 土方定一, 菊盛英夫, 坂崎乙郎 訳 筑摩書房
2016.5
絵とは何か 坂崎乙郎 著 河出書房新社
2012.12
ヨーロッパ美術紀行 坂崎乙郎著 NetLibrary
2006
夜の画家たち : 表現主義の芸術 : 完全版 坂崎乙郎 著 平凡社
2000.11
エゴン・シーレ : 二重の自画像 坂崎乙郎 著 平凡社
1998.3
ヴィヴァン : 新装版・25人の画家 坂崎 乙郎【編】 講談社
1995.6
ヨーロッパ美術紀行 坂崎乙郎 著 紀伊国屋書店
1994.1
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ マルク・エド・トラルボー 著 ; 坂崎乙郎 訳 河出書房新社
1992.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想