坂元 忠芳   (1931-)

坂元 忠芳(さかもと ただよし、1931年 - )は、日本の教育学者、東京都立大学名誉教授。 [略歴] 東京大学教育学部卒、川崎市の小学校教師、東京大学助手、1967年同大学院博士課程満期退学、日教組が設立した国民教育研究所所員、75年東京都立大助教授、83年教授、95年定年退官、名誉教授。 マルクス主義的な立場から教育研究を行ってきた。 [著書] 『現代教育思想批判』青木書店 1971 『子どもの能力と学力』1976 青木教育叢書 『子どもの発達と生活綴方』1978 青木教育叢書 『学力の発達と人格の形成』1979 青木教育叢書 『教育実践記録論』あゆみ出版 1980 『子どもとともに...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカモト タダヨシ
人物別名 坂元忠芳
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東日本大震災と子ども・教育 地域民主教育全国交流研究会, 坂元忠芳 編 桐書房
2012.3
勝田守一教育学ノート : その戦前と戦後 坂元忠芳 [著] 佐藤広美
2010.4
フレネ教育表現する教室 坂元忠芳, 若狭蔵之助, 西口敏治 編 青木書店
2000.2
情動と感情の教育学 坂元忠芳 著 大月書店
2000.8
新学力観をのりこえる 教育科学研究会 ほか編 国土社
1994.8
「新しい学力観」の読みかた 坂元忠芳 著 労働旬報社
1993.11
対話の教育への誘い 坂元忠芳 著 新日本出版社
1991.7
ともせ、フロンティアに教育の灯を : 管理主義にいどむ東葛の子どもと教師 坂元忠芳, 東葛民研教育実践研究会 編著 桐書房
1990.11
子どもの悲しみと教育 坂元忠芳 著 新日本出版社
1989.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想