久米 是志   (1932-)

久米 是志(くめ ただし、1932年1月2日 - )は、兵庫県出身の自動車エンジニアで実業家。 1983年から1990年まで本田技研工業代表取締役社長を務めた。 [人物] 静岡大学工学部機械工学科卒業後、本田技研工業に入社。 専門はエンジンの設計で、マン島TTレースの競技車両用エンジンや、ホンダF1初の空冷エンジンカー、RA302のエンジン開発に携わる。 若手の頃は、空冷エンジン採用を主張する本田宗一郎に対して、水冷エンジン採用を主張して譲らず、ホンダ1300やRA302の開発時には辞表を出して数度にわたり出社を拒否したという逸話を持つ(詳しくはホンダ・RA302の記事を参照)。 その後、社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クメ タダシ
人物別名 久米是志
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「ひらめき」の設計図 : 創造への扉は、いつ、どこから、どうやって現れるのか 久米是志 著 小学館
2006.6
「無分別」のすすめ : 創出をみちびく知恵 久米是志 著 岩波書店
2002.1
場と共創 清水博 編著 ; 久米是志, 三輪敬之, 三宅美博 共著 NTT
2000.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想