大崎 善生   (1957-)

大崎 善生(おおさき よしお、1957年12月11日 - )は、日本の作家、元雑誌編集者。 妻は、女流棋士(現在は引退)の高橋和。 [来歴・人物] 北海道札幌市出身。 実家は作家の原田康子宅の隣にあり、小学生時代に原田と交流があった。 大崎が吉川英治文学新人賞を受賞した翌年に原田が吉川英治文学賞を受賞し、授賞式で原田は「隣の僕ちゃんが昨年吉川英治文学新人賞を受賞されて......」とユーモラスなスピーチを披露した。 祖父、父、伯父たち(父の兄弟)、兄の皆が医師で(兄は当時医学生)、大崎自身も医学部進学を望まれていたが、父の反対を押し切って上京した。 早稲田大学卒業。 在学中は松沢呉一や保坂和...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオサキ ヨシオ
人物別名 大崎善生
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
棋士という人生 大崎善生 編 新潮社
2016.10
聖の青春 大崎善生 著 ; YUME 絵 Kadokawa
2016.10
いつかの夏 大崎善生 著 Kadokawa
2016.11
エンプティスター 大崎善生 [著] Kadokawa
2015.1
ロストデイズ 大崎善生 著 祥伝社
2015.2
赦す人 大崎善生 著 新潮社
2015.6
聖の青春 大崎善生 [著] Kadokawa
2015.6
シーソーメイル 谷村志穂, 大崎善生 著 PHP研究所
2015.9
さようなら、僕のスウィニー 大崎善生 [著] ポプラ社
2014.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想