酒井 忠康   (1941-)

酒井 忠康(さかい ただやす、1941年7月16日 - )は、日本の美術評論家、世田谷美術館館長。 多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。 北海道余市郡余市町出身。 北海道余市高等学校を経て、1964年慶應義塾大学美学美術史科卒。 同年より神奈川県立近代美術館学芸員、1979年、小林清親を論じた『開化の浮世絵師 清親』でサントリー学芸賞受賞。 その後学芸課長、副館長を経て、1992年館長。 2004年より世田谷美術館館長。 近代美術の研究、現代美術の評論活動を行う。 2003年の『海にかえる魚』では、小説に挑んだ。 [著作] 『海の鎖 描かれた維新』小沢書店, 1977/青幻舎, 2004 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカイ タダヤス
人物別名 酒井忠康
生年 1941年
没年 -
職業・経歴等 美術評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
展覧会の挨拶 酒井忠康著 生活の友社
2019.4
美術3 酒井忠康 [ほか] 著 光村図書
2019.2
横尾忠則さんへの手紙 酒井忠康著 光村図書
2019.10
アートの奇跡 : 1989→2019 : 30th--miracle ノマル編集 ; 酒井忠康, 建畠晢, 島敦彦テキスト ノマルエディション
2019.8
澁澤龍彦の記憶 菅野昭正編 ; 巖谷國士 [ほか] 著 河出書房新社
2018.4
美術2 酒井忠康 [ほか] 著 光村図書
2018.2
美術1 酒井忠康ほか著 光村図書
2017.2
片隅の美術と文学の話 酒井忠康 著 求竜堂
2017.4
ある日の彫刻家 酒井忠康 著 未知谷
2017.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想