柴崎 友香   (1973-)

柴崎 友香(しばさき ともか、本名同じ、1973年10月20日 - )は、日本の小説家。 大阪府大阪市出身。 大阪府立市岡高等学校、大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。 [経歴] 母は広島県呉市の出身で、祖父は『わたしがいなかった街で』に書かれた通り、広島市の原爆ドーム近くのホテルでコックとして働き、原爆投下の直前、呉市に移り難を逃れ、後に大阪に出た。 『わたしがいなかった街で』に出てくる「赤い橋」は音戸大橋を指す。 小学校4年生の国語の教科書で、"たった三行でわたしに小説を書き続けるエネルギーをくれたのはジャン・コクトーの「シャボン玉」という詩だった"という。 高校時代...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シバサキ トモカ
人物別名 柴崎友香
生年 1973年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
吉田健一ふたたび 川本直, 樫原辰郎編 ; 柴崎友香 [ほか] 執筆 冨山房インターナショナル
2019.2
待ち遠しい 柴崎友香著 毎日新聞
2019.6
パノララ 柴崎友香 [著] 講談社
2018.1
寝ても覚めても 柴崎友香著 河出書房新社
2018.6
週末カミング 柴崎友香 [著] Kadokawa
2017.1
かわうそ堀怪談見習い 柴崎友香 著 Kadokawa
2017.2
春の庭 柴崎友香 著 文芸春秋
2017.4
走る? 東山彰良, 中田永一, 柴崎友香 ほか 著 文芸春秋
2017.8
千の扉 柴崎友香 著 中央公論新社
2017.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想