斎藤 悠輔   (1892-1981)

齋藤 悠輔(さいとう ゆうすけ、1892年(明治25年)5月21日 - 1981年(昭和56年)3月26日)は、日本の最高裁判所判事。 栄典・称号は、正三位・勲一等瑞宝章・温海町名誉町民(後の鶴岡市名誉市民)。 山形県西田川郡温海町(後の鶴岡市)出身。 [略歴] 1892年、山形県西田川郡温海町湯温海の刀工・齋藤清人の息子として生れる。 1910年、荘内中学校(後の山形県立鶴岡南高等学校)卒業(同窓生に石黒岩太がいた。) 第一高等学校卒業。 1917年、東京帝国大学法学部卒業。 大阪地方裁判所司法官試補 任官 1918年、同裁判所判事 任官 1926年、大阪控訴院判事 任官 1935年、東...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サイトウ ユウスケ
人物別名 斎藤悠輔
生年 1892年
没年 1981年
職業・経歴等 検察官

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
判例体系 - 啓法会
昭和12
刑法各論 遠藤誠, 齋藤悠輔共編 啓法会
1937
刑事実例問題集 斎藤悠輔 著 松華堂書店
昭和9
司法資料 - 司法省調査課
昭和7
刑事事件集 ヤーメス・ゴールドシュミット 著 ; 斎藤悠輔 訳 司法省調査課
1932
報告書集 [司法省調査課編] 司法省調査課
1927.12
土地陥落に因る鉱業権者の賠償責任 斎藤悠輔 [著]. 土地陥落に因る鉱業権者の賠償責任 / 小野謙次郎 [著] 司法省調査課
1927.12
土地陥落に因る鉱業権者の賠償責任 斎藤悠輔 [著]. 土地陥落に因る鉱業権者の賠償責任 / 小野謙次郎 [著] 司法省調査課
1927.12
我陪審公判手續に於ける問に就て ; 土地陷落に因る鑛業権者の賠償責任 齋藤悠輔[著] ; 小野謙次郎[著] 司法省調査課
1927.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想