斎藤 瀏   (1879-1953)

斎藤 瀏(さいとう りゅう、1879年4月16日 - 1953年7月5日)は、日本の陸軍軍人、歌人。 長野県北安曇郡七貴村(現・安曇野市)に旧松本藩士・三宅政明の四男として生まれる。 旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)を経て陸軍大学校卒。 旧制中学時代に旧松本藩士の漢学者齋藤順の養子となった。 1927年陸軍少将。 歩兵第11旅団長として1928年山東出兵に参加、済南事件で革命軍と交戦した罪で待命、1930年予備役となる。 1936年、二・二六事件で反乱軍を援助して禁固5年の刑となり、入獄。 1938年出獄し、軍国主義イデオローグとして活躍した。 竹柏会の歌誌『心の花』にて佐佐木信綱に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サイトウ リュウ
人物別名 斎藤瀏
生年 1879年
没年 1953年
職業・経歴等 歌人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
慟哭 : 歌集 齋藤瀏著 短歌人長野編輯部
1952.2
二・二六 斎藤瀏 著 改造社
1951
自然と短歌 斎藤瀏 著 人文書院
昭和22
万葉名歌鑑賞 斎藤瀏 著 人文書院
昭和20 3版
光土 斎藤瀏 著 八雲書店
昭和20
名婦評伝 斎藤瀏 著 人文書院
昭和19
信念の書 : 日本世界観・指導原理 斎藤瀏 著 東京堂
昭和18
万葉のこころ 斎藤瀏 著 朝日新聞社
昭和17
わが悲懐 斎藤瀏 著 那珂書店
昭和17
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想