最首 悟   (1936-)

最首 悟(さいしゅ さとる、1936年(昭和11年) - )は、日本の生物学者、社会学者、評論家。 元全共闘活動家。 和光大学人間関係学部教授(環境哲学)、人間関係学部学部長を経て名誉教授。 駿台予備学校論文科講師。 NPOのオルタナティブ大学であるシューレ大学アドバイザーを勤める。 [略歴] 1936年(昭和11年) - 福島県生まれ、千葉県育ち。 1959年(昭和34年) - 東京大学理科1類入学。 1960年(昭和35年) - ブント同盟員になるも「1日ブント」と呼ばれる。 1962年(昭和37年) - 大学管理法反対闘争参加。 1963年(昭和38年) - 「カンヅメ行動」により停学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サイシュ サトル
人物別名 最首悟
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
こんなときだから希望は胸に高鳴ってくる : あなたとわたし・わたしとあなたの関係への覚えがき 最首悟 [著] くんぷる
2019.12
思想としての「医学概論」 : いま「いのち」とどう向き合うか 高草木光一 編 ; 佐藤純一, 山口研一郎, 最首悟 執筆 岩波書店
2013.2
一九六〇年代未来へつづく思想 : 連続講義 高草木光一 編 岩波書店
2011.2
「痞」という病いからの : 水俣誌々 パート2 最首悟 著 どうぶつ社
2010.3
水俣五〇年 : ひろがる「水俣」の思い 最首悟, 丹波博紀 編 作品社
2007.12
理科を変える、学校が変わる : 総合学習の創造 : ハードパスからソフトパスへ 最首悟, 盛口襄, 山口幸夫 編 七つ森書館
2001.12
星子が居る : 言葉なく語りかける重複障害の娘との20年 最首悟 著 世織書房
1998.5
丸山真男を読む 情況出版編集部 編 情況
1997.12
我は雨もいとわず段草を切る : 水俣病を生きた不知火海一漁師の日記 森千代喜著 ; 最首悟, 山之内萩子[共]編 世織書房
1997.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想