三枝 和子   (1929-2003)

三枝和子(さえぐさ かずこ、1929年3月31日 - 2003年4月24日)は日本の小説家。 兵庫県神戸市出身。 夫は文芸評論家の森川達也。 旧姓四本。 1948年、旧制関西学院大学文学部哲学科に入学、50年卒業、同大学院文学研究科修士課程に進学、武市健人にヘーゲルを学ぶ。 51年中退、森川(本名三枝)と結婚。 中学校教師をしながら、森川らと同人雑誌『文藝人』を創刊。 63年、森川が兵庫県の実家の寺を継いだため、東京に仕事場をもち、東西往復生活が始まる。 68年、『鏡のなかの闇』を刊行、69年、『処刑が行われている』を出版し、田村俊子賞を受賞する。 その後も多くの作品を発表したが、1988年以...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サイグサ カズコ
人物別名 三枝和子
生年 1929年
没年 2003年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三枝和子選集 三枝和子 著 鼎書房
2008.1
三枝和子選集 三枝和子 著 鼎書房
2007.7
三枝和子選集 三枝和子 著 鼎書房
2007.8
三枝和子選集 三枝和子 著 鼎書房
2007.9
三枝和子選集 三枝和子 著 鼎書房
2007.10
三枝和子選集 三枝和子 著 鼎書房
2007.11
くろねこたちのトルコ行進曲 三枝和子 文 めるくまーる
2005.4
演劇とパフォーマンス 小森 陽一;富山 太佳夫;沼野 充義;兵藤 裕己;松浦 寿輝【編集委員】 岩波書店
2004.2
今は昔、猫と私の関係 三枝和子 著 講談社
2002.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想