相良 守峯   (1895-1989)

相良 守峯(さがら もりお、1895年(明治28年)4月14日 - 1989年(平成元年)10月16日)は、日本の独文学者、東京大学名誉教授、鶴岡市名誉市民(第一号)、従三位・勲二等瑞宝章・文化勲章受章。 山形県鶴岡市出身。 幼名は相良 鈇太郎(おのたろう)だが、鉄太郎と間違えられることが多いため、1917年12月27日、郡長の許可を得て守峯とあらためた(『茫々わが歳月』p.7)。 [人物] 木村謹治とともに編纂した独和辞典は「キムラ・サガラ」と呼ばれた。 大独和辞典の編纂やゲーテの研究等でも有名。 日本独文学会の創設に貢献した。 [略歴] 相良守一の長男として鶴岡市若葉町に生まれる。 縁...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サガラ モリオ
人物別名 相良守峯

相良, 守峰
生年 1895年
没年 1989年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
憂愁夫人 ズーデルマン 著 ; 相良守峯 訳 ゆまに書房
2008.2
聖ドミンゴ島の婚約 : 外五篇 クライスト 著 ; 相良守峰 訳 ゆまに書房
2007.2
イタリア紀行 ゲーテ 著 ; 相良守峯 訳 岩波書店
2007.4
イタリア紀行 ゲーテ 著 ; 相良守峯 訳 岩波書店
2007.4
イタリア紀行 ゲーテ 著 ; 相良守峯 訳 岩波書店
2007.4
グリム童話選 グリム兄弟 [編] ; 相良守峯 訳 岩波書店
2003.5
ファウスト ゲーテ【作】<Goethe>;相良 守峯【訳】 岩波書店
2003.4.15
ファウスト ゲーテ【作】<Goethe>;相良 守峯【訳】 岩波書店
2003.4.4
ニーベルンゲンの歌 相良守峯 訳 日本点字図書館
2002.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想