佐伯 彰一   (1922-2016)

佐伯 彰一(さえき しょういち、1922年(大正11年)4月26日 - )は、日本のアメリカ文学者、東京大学名誉教授、比較文学研究者、文芸評論家。 [略歴] 富山県出身。 古代日本に存在した佐伯部の子孫で神官の家柄。 旧制富山高校を経て、東京帝国大学英文科、同大学院修了、東京都立大学助教授を67年に辞職、トロント大学客員教授として日本文学を教えたあと、1968年東京大学教養学部教授、1976年から大学院比較文学比較文化研究室主任。 1983年定年退官後は中央大学教授を1993年まで勤め、世田谷文学館館長、2007年同名誉館長。 三島由紀夫文学館館長。 1980年『物語芸術論』で読売文学賞、8...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サエキ ショウイチ
人物別名 佐伯彰一
生年 1922年
没年 2016年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
烈しく攻むる者はこれを奪う フラナリー・オコナー 著 ; 佐伯彰一 訳 文遊社
2013.1
日はまた昇る アーネスト・ヘミングウェイ 著 ; 佐伯彰一 訳 集英社
2009.6
東洋の理想 : 他 岡倉天心 [著] ; 佐伯彰一 [ほか] 訳 平凡社
2007.9
作家伝の魅力と落とし穴 佐伯彰一 著 勉誠
2006.3
三島由紀夫 : 文学という毒 佐伯彰一講演 エニー
[2004]
作家論集 佐伯彰一 著 未知谷
2004.7
回想 佐伯彰一 著 文芸春秋
2001.7
自伝の世紀 佐伯彰一 著 講談社
2001.12
作家の手紙をのぞき読む 佐伯彰一 著 講談社
2000.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想