竜胆寺 雄   (1901-1992)

龍胆寺 雄(りゅうたんじ ゆう 1901年4月27日 - 1992年6月3日)は茨城県出身の作家、サボテン研究家。 龍膽寺雄とも表記。 [経歴] 千葉県印旛郡佐倉町(現在の佐倉市)味噌部屋生まれ。 茨城県下妻町(現在の下妻市)育ち。 本名は橋詰雄。 父橋詰孝一郎は長塚節の親友で、雄の出生当時は旧制千葉県立佐倉中学校の国語教師だった。 母の兄の連れ合いは松原姓で、その実兄にジャーナリスト松原二十三階堂がいる。 生後まもなく、父の転任に伴って下妻に移住。 1918年、旧制茨城県立下妻中学校卒業。 第二高等学校 (旧制)を受験したが失敗し、その翌年、水戸高等学校 (旧制)受験の途次、急性の結核性頸...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ リュウタンジ ユウ
人物別名 竜胆寺雄

龍膽寺, 雄

橋詰, 雄
生年 1901年
没年 1992年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
龍膽寺雄 : 焼夷弾を浴びたシャボテン 龍膽寺雄著 平凡社
2020.2
龍膽寺雄の本 龍膽寺雄ほか著 ; 鈴木裕人編 鈴木裕人
2020.9
シャボテン幻想 龍膽寺雄 著 筑摩書房
2016.12
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.10
小川国夫, 龍胆寺雄, プルースト 著 ; 鈴木道彦 訳 ポプラ社
2011.4
ブロッケン山の妖魔 : 久野豊彦傑作選 久野豊彦 著 ; 嶋田厚 編 工作舎
2003.3
街のナンセンス 龍胆寺雄 著 ゆまに書房
2000.3
十九の夏 龍膽寺雄 著 ; 関井光男 監修 ゆまに書房
1998.5
放浪時代 龍膽寺雄 著 ; 関井光男 監修 ゆまに書房
1998.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想