蝋山 政道   (1895-1980)

蝋山 政道(ろうやま まさみち、1895年11月21日 - 1980年5月15日)は、日本の政治学者・行政学者、政治家、お茶の水女子大学名誉教授。 民主社会主義の提唱者であり、行政学研究の先駆的存在である。 長女雅子は中央公論社嶋中鵬二元社長の妻で、嶋中事件で負傷した。 [経歴] 1913年 県立高崎中学校卒業。 1917年 第一高等学校卒業。 1920年 東京帝国大学法学部政治学科卒業、同助手に採用。 1922年 東京帝国大学法学部助教授(-1928年)。 1925年 イギリス留学(-1927年)。 1928年 東京帝国大学法学部教授。 1934年 近衛文麿親善特使訪米に同行。 1939年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ロウヤマ マサミチ
人物別名 蝋山政道

Royama, Masamichi

Masamichi Royama
生年 1895年
没年 1980年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ガバナンスの探求 : 蝋山政道を読む 今村都南雄 著 勁草書房
2009.2
よみがえる日本 蝋山政道 著 中央公論新社
2006.10
滿蒙事情總覧 - 景仁文化社
1997.5
小野塚喜平次 : 人と業績 南原繁 ほか著 岩波書店
1995.6
比較地方行政論 蝋山政道講述 ; 関島久雄筆記 国土社
1992.9
近代日本青年期教育叢書 蝋山政道, 河合栄治郎著 ; 三木清編 日本図書センター
1990.10
地方自治・地方公益企業論 蝋山政道 著 国土社
1985.11
日本の歴史 蠟山政道著 中央公論社
1984.10
国策企業・公企業論 : 国家と産業との関係 蝋山政道 著 国土社
1981.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想