尾崎 盛光   (1918-1980)

尾崎 盛光(おざき もりてる、1918年6月6日―1980年6月3日)は、東京大学文学部事務長を務めた評論家。 尾崎三良の五男尾崎繁盛の子として東京府三鷹に生まれる。 1939年、松本高等学校(旧制)在学中に治安維持法違反の疑いで拘留される。 1942年、東京帝国大学文学部社会学科卒。 池貝自動車に勤務するが、1947年、肺結核で退職。 胸部形成手術を受け、農耕、養鶏、子供の受験指導などで生計を立てる。 1955年、日高六郎の推薦で東京大学文学部事務室に勤務、1961年に事務長。 1969年、東大紛争に対処。 1977年、定年退官、文教大学人間科学部社会学科教授。 [著書] 『第三の世代 現...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オザキ モリテル
人物別名 尾崎盛光
生年 1918年
没年 1980年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
自由とひげと若者と : 東大在職二十年間の記録と発言 尾崎盛光 著 ; 岩崎隆治, 森村稔 編 日本リクルートセンター出版部
1981.3
ホワイトカラーの生と死 : 再びインテリゲンチア論を 尾崎盛光著 日本工業新聞社
1976.7
人材の社会学 : 主流はどう変わってきたか 尾崎盛光 著 実業之日本社
1972
現代青年論 : 70年代の学生たち 尾崎盛光 著 読売新聞社
1971
サラリーマン百年 : "宮仕え"の現代史 尾崎盛光 著 日本経済新聞社
1968
日本就職史 尾崎盛光 著 文芸春秋
1967
就職 : 商品としての学生 尾崎盛光 著 中央公論社
1967
第三の世代 : 現代の学生群像 尾崎盛光 著 法律文化社
1960
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想