大宅 歩   (1932-1966)

大宅 歩(おおや あゆむ、男性、1932年 - 1966年)は、日本の詩人。 評論家、大宅壮一の長男。 日比谷高等学校、東京大学卒。 中学、高校とラグビーをしており、しばしば負傷したことなどから、高校の頃から脳に障害を抱いて発作を起こすようになった。 ノートに詩文などを書き残していたが、33歳で死去した。 その遺稿は『詩と反逆と死』として刊行され、高野悦子『二十歳の原点』などとともに、夭折した若者の手記として広く読まれた。 1978年には、大宅をモデルとし、その手記を素材として、映画『残照』(河崎義祐監督、三浦友和主演)が制作された。 [著書] 詩と反逆と死 文藝春秋 1966 のち文春文...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオヤ アユム
人物別名 大宅歩
生年 1932年
没年 1966年
職業・経歴等 著作家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ある永遠の序奏 : 青春の反逆と死 大宅歩 著 角川グループパブリッシング
角川書店
2008.7
ある永遠の序奏 大宅歩 著 沖積舎
1983.4
ある永遠の序奏 大宅歩著 沖積社
1983.4
日本教養全集 岸上大作著 ; 吉本隆明解説 角川書店
1974
詩と反逆と死 大宅歩 著 文芸春秋
1974
ある永遠の序奏 : 青春の反逆と死 大宅歩 著 角川書店
1973
ある永遠の序奏 : 遺された詩文集 大宅歩 著 南北社
1967
詩と反逆と死 大宅歩 著 文芸春秋
1966
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想