大浦 猛   (1919-)

大浦 猛(おおうら たけし、1919年 -2007年 )は日本の教育哲学者、元山梨県立女子短期大学学長。 [経歴] 東京文理科大学卒。 青森青年師範学校教授、東京教育大学教授、1962年「ジョン・デューイにおける初期教育思想の形成 実験主義教育思想の成立過程」で東京教育大学文学博士。 1973年埼玉大学教育学部教授、84年定年退官。 山梨県立女子短期大学長を歴任。 専門は、教育哲学、デューイ研究。 東京教育大学在職中、筑波移転に反対し、その意思を表明する意味で埼玉大学に移籍した。 日本デューイ学会会長、教育哲学会理事長などを務めた。 [著書] 『教育社会学』教育出版文化社、1950 『学校...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオウラ タケシ
人物別名 大浦猛
生年 1919年
没年 -
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
系統看護学講座 大浦猛編集 ; 石部元雄 [ほか] 執筆 医学書院
2010.1
学校社会学 大浦猛 著 クレス
2001.12
東京教育大学 : 教育学部教育学科 大浦猛著 大浦猛
学芸図書
2001.3
学校社会学 大浦猛著 クレス
2001.12
教育の本質と目的 大浦猛著 学芸図書
1999.3
教育学 大浦猛 編 医学書院
1996.1
教育原理 大浦猛編 山文社
1996.2
生きることと学ぶこと : 生涯学習を考える 大浦猛 著 学芸図書
1994.9
教育の本質と目的 大浦猛 著 学芸図書
1991.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想